イタドリ農家は伊達じゃない

その昔々

その昔々、好奇心旺盛な高知県南国白木谷の住民は、秋に育つ四角いタケノコを食べました。

それが四方竹農家の始まり始まり。

時は流れ、令和元年

そして令和元年。

春収穫のイタドリを使ってお茶を作るイタドリ農家があらわれた!

きっかけは4月に発表されたイタドリの葉に脂肪燃焼成分がいっぱいあるというニュースでした!

もともとは春に成長するイタドリを塩漬け・冷凍して販売していました。

だがしかし!

“イタドリ農家は伊達じゃない!”

【イタドリ農家がつくったイタドリ茶】

はじめました。

イタドリ農家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です